所有している土地は固定資産税の課税対象となります。それならアパートなどの賃貸住宅を建てて土地活用しませんか?

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

土地活用は固定資産税の対策にもなる?

最近は、土地活用という言葉をよく耳にするようになっています。ある程度の広さのある土地をお持ちの方は、土地の上に建物を建築したり駐車場を作るなどして土地活用するという方法があります。将来的な安定を求めるなら、アパートを建築して家賃収入を得るのもいいですね。住宅街で土地を所有していたら、アパートを建ててもすぐに入居者が決まるでしょう。アパートの中に自分の家を作るという方法もあります。実際に、アパートの一階部分や最上階に自宅を作っている大家さんが多くなっています。

空いている土地でも固定資産税はしっかり課税されますが、アパートを建築すれば固定資産税の額も軽減されます。土地は所有しているけど、それ程広い土地ではないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、賃貸住宅にはさまざまなパターンがありますから、必ずしも世帯数の多いアパートやマンションを建築する必要はありません。少ない世帯の賃貸住宅でも十分経営は可能です。