次の世代に土地を継ぐには厳し相続情勢ですが、法律をうまく利用する賃貸の土地活用は、それに対して有力な手段です。

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

法律を上手に使って土地活用

土地はやはり、次に世代に受け継いでもらいたいものです。ましてや先祖代々からの土地であれば、その思いはさらに強いでしょう。ところが近年、相続税の減額が出てきました。これまでの相続税の控除では納税に入らなかった土地も、納税対象となるパターンが増えて来ると思われます。それに追い打ちをかけるのが、少子化です。子供が多ければその分控除額が増えるのですが、その人数が少なければ、控除額の減額のあおりをモロに受けてしまいます。土地だけ持っていても相続税を支払う為に、大切な土地を手放す事態にもなりかねません。

そこでそんな事情に対抗できるのが、賃貸などの展開です。賃貸として土地を維持すれば、土地の評価額を減らすことができますので、必然的に相続時の土地の値段を下げることができます。それまでにも賃貸料の収入を得ますから、その収入で後の相続税の支払い分を準備することができ、二重の安全策となります。税金は法律によってどう変わるか分かりません。だとしたら、対策もその法律をうまく利用して、損の無いように土地活用をする事が得策であると考えられます。