ローンを組むことで誰でも土地活用としてマンション経営ができますが、表面利回りについて知ることが大切です。

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

土地活用でマンション経営をする場合、知っておくべき表面利回り

土地活用において、今や誰もがマンション経営を行える時代になっているのをご存知でしょうか。資産家のような、資金を豊富に抱えている人が行う仕事ではないのです。実は、最近ではまとまったお金がなくても、極端な話、ほとんどお金がなくてもマンション経営は可能なのです。それは、ローンを組んで行う場合です。マンションを購入する場合のローンには団体信用生命保険に加入するため、家族や後世に迷惑をかけたり、マンションを手放すといったリスクもないのです。

また、表面利回りと実質利回りについては、経営を行う際知っていなければならないことでしょう。表面利回りとは、年間の収入を購入価格で割り、100をかけたものです。ここで表される利回りはたいていが銀行の利回りよりも高くなります。しかし本来は実質利回りもみておかなければなりません。これは、年間の収入から支出を引いたものを購入価格で割り、100をかけたものです。これを知っているだけで、大きく経営に影響するのです。