所有権を有している土地には、様々な費用がかかります。ですから、放置しておかずに、土地活用することが大切です。

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

土地活用の様々な種類について

所有権を有している土地と言うのは、それだけで財産となります。元々、自分の土地だったとか先祖代々から受け継いでいるなど、その土地を有しているのには様々な事情があるでしょうが、財産である以上、有している土地にも様々な費用がかかります。特に税金面では、固定資産税、相続税、所得税などがかかりますし、土地の手入れにも人件費などがかかる場合もあります。このような事情から、極端な言い方をすれば、放っておけば土地はお金がかかるだけのものです。ですから、土地活用をすることが大切です。

土地活用の手段にはいろいろな方法があります。まずは、不動産会社に売却してしまうと言う方法です。また、賃貸系の住居を建てると言うのもひとつの方法です。この場合ですと、毎年の固定資産税の優遇を受けることができますので、具体的な節税にもつながります。賃貸会社と提携せず、自分で賃貸業を経営する場合ですと、大家として活躍することもできますし、利用者の数に応じての収益を期待することもできます。

また、土地に建物などは建てずに、更地のまま駐車場や資材置き場などとして利用する方法もあります。更地のままでは、税金面での優遇はほとんど得られません。しかし半面、ほとんど投資が必要なく、経営の知識などもさほど必要ないため、始めやすいのがこれらの活用方法です。一家に一台、家族ひとりにつき一台、車が必要と言う地域では、駐車場の場所に困るということも少なくはありませんから、そのような地域では、特にこの方法はおすすめです。