土地活用において理想的な戸建て賃貸住宅を、集合住宅と比べた際のメリットはたくさんあります。

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

土地活用において理想的な戸建てを集合住宅と比較

土地活用法として理想的なものが、戸建て賃貸住宅です。安定的な高利回りが期待できるのです。新築のマンションですと、利回りはおよそ5パーセントほどと言われています。しかし、戸建てだと投資が少ないことや空室のリスクが少ないため、利回りを高くすることが可能なのです。マンションのような集合住宅だと、初期の投資が長期化することや、高額になる上、空室ができてしまったり、維持費、修繕費、解体費などなど、リスクが大きすぎるのです。さらに、様々な社会現象、人口の現象などを考えると、現在満室の経営を維持することは非常に難しいといいます。逆に、戸建ての場合、わずか2パーセントの空席率だと言います。

余っている土地活用を考えたとき、最も効率的に、リスクも少なく、理想的だと言えます。また、固定資産税が6分の1、都市計画税などがある場合は、3分の1に税金が小さくなるのです。他にも様々なメリットがたくさんあります。興味のある人はぜひ参考にしてみてください。