遊休地等を有効に土地活用する事により、それまでは何ら利益を出す事が出来なかった土地から利益を創出しましょう。

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

有効な土地活用による利益創出

土地を活用するに当たり、新たに土地を取得するには、多くの費用も必要となる事から簡単に出来る事ではありませんが、その反面で、相続等で受け継いだ土地が何ら活用される事無く、遊休地として放置された様な状態となっている事がしばしば見受けられます。

この様な遊休地は土地活用の手段を講じなければ、何年にも渡って固定資産税を納税するだけとなり、土地の所有者に取っては所有するメリットが何も無い土地となってしまいます。従って、この様な遊休地に対しては、有効となる土地活用に付いて検討する事が望ましいと考えます。

土地活用の手段としては、所有者単独で実行出来る内容も有ります。例えばですが、駐車場としての集客が見込める立地であれば、所有者が自ら駐車場経営する事も可能でしょう。しかし所有者が単独で土地活用を進める事が出来無いのであれば、土地活用を業務とする企業の協力を得て、合同で土地活用を進める事も考えられます。折角所有している土地なのですから、土地活用の手段を徹底的に検討しましょう。