事業受託方式で土地活用する方法は、デベロッパーのノウハウを活用できるところが大きなメリットです。

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

事業受託方式による土地活用

土地活用を考えた場合、空いている土地にビルやマンションを建てて賃貸したり、ショッピングセンターを作って営業したりする等様々な選択肢があります。しかし、簡単に土地活用といっても、どれもそれなりの事業ノウハウが必要なもので、おいそれとは自分ですべてできるわけではありません。そんな時に活用できる方法が事業受託方式です。この方法によれば、懸案であるノウハウについてプロのノウハウを活用することができるようになります。

事業受託方式は、デベロッパーが企画立案や調査を行い事業の提案をします。土地の持ち主はその提案に合意したらその計画に従って建物を建設します。資金については、デベロッパーが金融機関を紹介してくれます。建物が出来上がったら引渡しを受けた上で、全室をデベロッパーが借り受けます。こうすると、企画段階からプロのノウハウが反映されますし、一括借り上げをとるので賃料は確実に入ってきます。ただし、資金の借入は自分で行わなければいけません。