有効に土地活用する方法として土地信託方式も注目されています。実質的に土地を手放さず資金も不要です。

土地活用の種類を説明
土地活用の種類を説明

土地信託方式による土地活用

土地を有効活用する方法として信託の仕組みを使う方法が注目されています。信託というのは、文字通り信じて託すということですが、信託法という法律によって定められています。土地に限らず、遺言信託というサービスも世の中にはありますし、ファンドと呼ばれる投資信託もこの仕組みを使っています。

この土地信託の仕組みの流れは、信託銀行などに土地を託し、形式上登記名義も変更します。信託銀行はそこに自分のお金で建物などを建て、そこから得られた収益から経費・手数料等を引いて実績分配として元の土地所有者に分配するという方法がとられます。そして、契約期間が終了すると、登記名義も元通り変更されます。実質的に土地を手放す必要はなく、建物を建てるための資金を調達する必要もなく(信託銀行等が自分で用意をし建物を建ててくれます)、かつ、投資利益に該当する分配金はもらえるということで土地活用としては有望な選択肢の一つだと思います。